FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【予言するよ~!】アマビエが主役【なんだよ~!】
いつもアニメの感想を打ち終わってから、前座(ココです)のコメントを考えるんですが、14日午前に発生した岩手・宮城内陸地震の事で頭が一杯になり、前座を考えている余裕が無くなってしまった管理人です…こんにちは。

宮城県には、管理人が同人作家として同人デビューした当時からお世話になっている方がお住まいになっているので…携帯メールさえあれば、すぐに連絡出来たのですが…不安でたまりません。

あぁ…文章が支離滅裂になりそう…orz
毎週恒例(?)の今週の目玉の親父さん{ほんじゃ、行ってみっか~!?>行く行くぅ~(棒読み) 親父言葉(?)遣いをしてない親父さんも珍しい…
■今期はワンセグ携帯とか最新の機器がチラッとさり気なく登場するのが多いですが、バケローの時みたく、冒頭で登場した携帯も使えないボタンがあるな…>♯・※・0ボタンの下のボタン?は何に使うんだろう…携帯

踏まないでぇぇっ}携帯
■その時の感情の高ぶりから放った―死にたい―事を叶えさてやるため、まるで鬼のような形相の妖怪に襲われる少年>妖怪の声が、まるでオカマのようだ…っ!!いやみでも行けそうな声だなw
■人間1人が犠牲になったと言うのに、のんびりと1人語りしてる状況じゃなかろう>鬼太さん
■冗談でも言わないで下さい>う~ん…今回は現代人に警鐘を促してるような回のようですが、毎日を悩みもなく生きて行ける人は、ある意味幸せだと思うんです…orz本気で「死にたい」って言ってる人のほうが少ないと思うし(だから鬼太さんの言ってたように、冗談で「死にたい」と言ってる人の割合が高いって事になるんですね)人の持つ悩みも様々ありますし…。
■この妖怪、男だったのか…ちぇっ>何がっかりしてるの>正直、いやみみたいな妖怪を望んでました(コラコラ)
内容に反して明るすぎる…orz>オープニング←それは仕方ない
■今年も絶対観に行きますよ!>実写映画OYAZI

■今週のタイトルにツッコミ>どうしよう…今週は始終暗いのかな…orz←ツッコんでない
■またアイドルか>しかも、この女性、くびれ鬼に拉致られた少年が持ってたワンセグ携帯で、ちょうど流れてた番組に出てた子じゃない?
■駄目だよ、その一言を呟いちゃ!!>(ry くびれ鬼が怖いので、管理人も易々とその一言を書けない…っ!!←(笑)
アマビエの小部屋>おwwwまwwwえwwwww
■今日は>今日テントと言った方が良い(←失礼w)アマビエの小部屋だが、怪しすぎて入りたくても入れないんだと思う
■ネズミに騙されたっ!!>バケローも何故か居ます
アマビエの小部屋に訪れた女性が、自称アイドル(仮)と豪語するあのアマビエが熱狂的なファンであるトップアイドルのAYAに似ていた>検索早いな、バケロー
言っちゃ、らめぇぇ!!>バイト君
きゃ――っ!!出たっ!>くびれ鬼
■内に秘めた悩みを吐露するAYAちゃん>アイドルには付き物の悩みなのかも知れませんねぇ…。
バイト君{つっ、連れて行かれちゃうぅぅー!!
■カラスの群から登場、ゲゲゲの鬼太郎>格好良いな、オイ!
■しかし、今回も一足遅く、人間をくびれ鬼の世界に浚われてしまった>俺の世界には入れてやんねーw←入れて下さいよぉ…}鬼太さん
■アマビエの言葉が、疲れきったAYAちゃんの心を優しく解きほぐして行った…>素、可愛いAYAちゃん アマビエを少しでも誉めてやって下さい…(笑)
■くびれ鬼の死の世界を探し出すため、横丁の住民にも協力してもらう鬼太郎親子><●>←鬼太さんと猫ちゃんの後ろに居る妖怪の目w
■見事スルーされるアマビエ>みんなスルーしなくっても…orz
■アマビエの予言>確かに当たったのも凄いし、命の恩人なのかも知れないが…実際本当に予言通りに物事が起こるとすれば…こ、怖いな…?←それ(予言)を信じたAYAちゃんも素直で良い子だ
■夢を叶えるためのアイドルと言う世界が、気が付けばただ仕事を毎日こなす日々。それに疲れきり、何のために笑顔を振りまき、歌うのか分からなくなった時、思わず思ってしまう―死にたい…と>で、出た――!!くびれ鬼出た――っ!!←全壊したアマビエの小部屋に少しでも良いから触れてやっ…アッー!!
■くびれ鬼の世界に飛び込んだアマビエ>そこは荒んだ世界。みな口を開けば絶望の言葉ばかり。そして最後には「…死にたい…」。同じ世界で輝いていたはずのミドリの変わり果てた姿に、AYAちゃんも絶望にうちしがれ、瞳から光が消えた。
■くびれ鬼の世界へとつながる道を探す鬼太さん一行>ネットに存在したくびれ鬼の世界につながる空間があると言われている森へたどり着いた一行。AYAちゃんの携帯へバケローがコールを促すも、くびれ鬼の世界はくびれ鬼自身が操作出来るため、繋がらなかった>バケロー凄ぇ!
■くびれ鬼が作り出した世界、そして絶望の言葉。AYAちゃんを徐々に追いつめて行く…。
■1人ぼっちだった悲しみを救ってくれたAYAちゃんの歌と歌声。アマビエはその歌を口ずさみ始めた>とりあえず、猫ちゃんの事を友達とは思ってるらしいアマビエ(笑)
■アマビエの歌声が、今度はAYAちゃんを救った…!!>全俺が泣いた…!
■希望の光に、くびれ鬼の世界が揺らいだ。その一瞬を狙って鬼太さん登場!
■まるでヒトデのようだ…!!>くびれ鬼の髪の毛?攻撃
■AYAちゃんの歌、この回ためだけに作られたのだろうか…?
■来週はチー登場!反物の回ですよ!!
2008-06-15 Sun 17:15
別窓 | 5期ゲゲゲ | コメント:4 | トラックバック:0
<<【かわうそ】どう見ても、ゆっくりアマビエ【大活躍】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【幼女登場】1・3・4期の妖怪城を観ているようだ…!!【このロリコン共め~()~】>>
この記事のコメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2008-06-16 Mon 22:27 | | #[ 内容変更]
3話にも出てたそうです
猫ちゃんもファンだというアイドルのAYAちゃん、実は3話ラストにて(夜叉の話です)ポスターで登場されてた事を他のサイトさんで知りました。ビックリですよ、まさかそんな所からゲストキャラを引っ張るなんて!ちなみに猫ちゃんとネズミ男が並んでポスター見ながらウットリしてるシーンです。ネズミよ、お前もか…。

今回はそんなAYAちゃんとアマビエの交流、くびれ鬼の恐怖、例え冗談でも「死にたい」なんて言っちゃダメだというメッセージが詰め込まれた、ある意味盛り沢山な内容でした。
メッセージについては考えさせられますね。誰しも「思わず死にたくなる瞬間」があったりするだけに。言ってる内はまだ平和なんです。本気で思い詰めちゃった人は、言う前に実行しますからね。今回の場合タイトルこそ「くびれ鬼が死をまねく」ですが、実際には思わず「死にたい」と口走った人自身がくびれ鬼による絶望を招いてる訳で、何とも深いアイロニーだなと感じました。

アマビエは猫ちゃんやろく子さんとはソリが合わないんじゃね?と薄々感じてたんですが(死神の回で「アタイがガイドやるよ!」とノリノリなアマビエに対し、ろく子さんは「猫ちゃんがやったらどぉ?」と鬼スルー。鬼太郎さんグッズの回ではクレープ屋の前でろく子さんがアマビエを押しのけようとした他、猫ちゃんとアマビエが看板娘対決を繰り広げた)、後の古椿の回ではアマビエも「横町の女妖怪」として一緒に行動してたので(ろく子さんがアマビエを抱えて移動していた)徐々に皆さんとは打ち解けていた様です。基本はかわうそタンとのツーショットですけどね!
AYAちゃんを前に、バケローをパカパカ開閉させながら笑顔で喋るシーンが妙に可愛かったです。

くびれ鬼の中の人は声優界の下ネタ大王、岩田光央兄貴。実は声よりも本人のキャラの方がインパクト強めです。
2008-06-16 Mon 23:24 | URL | kwai #-[ 内容変更]
6/16にメッセージを送って下さったkwai様
先週は頭の中が真っ白になっていて、自分が何て文章を打っているのか分からなくなってしまうほど放心状態だったのですが…。

地震速報をニュースで見た後すぐ宮城の方にお手紙を書き、昨日、そのお返事が届きました。彼女がお住まいの地域は震度5強を観測したそうですが、被害は無く、お怪我も無いそうです(物が落下して来たそうですが…)。しかし、強い余震は続いているそうで(梅雨入りしたと発表もありましたし…)二次災害等無い事を祈る他ありません…。
しかし、無事連絡も取れて、私も一安心です。
kwai様のお住まいの地域でも、地震での災害等が無くて、本当に何よりです。

しかし、行方不明の方とご家族、この震災で心に傷を負われた方も大勢いらっしゃると思います。私は無力ですが、このブログで少しでも皆さんの笑顔が戻るよう、力になれたらなぁ、と思ったり。
そして、この震災で亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします…。

kwai様、メッセージ、有り難うございました!!
2008-06-22 Sun 11:35 | URL | 竹原(管理人) #-[ 内容変更]
3話を確認しようとしたら
kwai様>家族の誰かに別の放送を上書きされてた――っorz!!!!小夜子さんがバイオリン演奏している所で私の知らないドキュメンタリーが上書きされてましたorz
…ん?でも戸田さんが出演されてるなぁ。これはこれで良いかも←コラ
――と言う訳で、3話にAYAちゃんが登場しているシーンを確認出来ませんでしたorz{ゴメンナサイ でも、うっすらとは覚えてます。猫ちゃんとネズミがポスターを眺めてウットリしていた場面。もう1年以上前の回なのに…凄いな、アニメスタッフ(汗)。しかし、肝心の大ファンである2人は、全く登場出来ず。残念!

くびれ鬼の回は本当に、現代人に強く警鐘を促している回でしたよね。確かに「死にたい・死んだら楽になれるのに」って考えしまう瞬間って有ります。こんな世知辛い世界です、誰しも一度はあると思います。でも、最近は冗談半分に口走ってる方、本当に多いですよね。(通信が発達して、誰でも気軽にメールや電話が使える時代になったのも原因があると思いますが…)平気で口にしちゃってる人も居る。言ってる本人は、全くそう言うつもりはなくとも、聞いた・言われた人に関しては、凄く傷ついている場合だって勿論有り得ます。それに、生きたくても生きれない人達が居られる現実も考えて欲しいですよね。健康に生まれて大事に育てられ、時には親や大人に反抗し、食事を毎日食べ、学校や仕事に行き、家に帰れば寝る所がある。…よくよく考えたら幸せな事なのに、それをどうしても忘れがちになってしまう。「自分は駄目なんだなぁ…・孤独なんだ」と些細な事でも自身を追い詰め、自ら命を断つと言う方も居られるそうですが…。
命の大切さ、それを学ばされてくれる良い回でした。

(とりあえず)アマビエは猫ちゃんの事を友達と思っている事が判明したこの回。猫ちゃんとは(特に2人とも目立ちたがり屋の節がありますし)よく対立してましたから、かなり仲が悪いのかと勝手に思っていただけに驚いてみたり。確かに、アマビエの性格では彼女を好いてくれる人(妖怪)は、そうそう居ないように思いますが…。友達と言える存在が出来たとしても(かわうそのように)なんか下僕みたいな扱いをしてしまう気がするんです、アマビエさんって。横丁へ来るまで、よっぽど孤独だったんでしょうか?ろく子さんも、打ち解けると言うより、アマビエに良い様にあしらわれてるようにしか…e-263
しかし、AYAちゃん可愛かったなぁ…←まだ言ってる

岩田氏には、是非また登場願いたいですね(特にオカマキャラで/笑)。

メッセージ、有り難うございました!
2008-06-22 Sun 12:28 | URL | 竹原(管理人) #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |