FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【福袋と】本当の幸せとは…【年を越せなかった時計】
連勤地獄が続いた管理人ですが、少し早めに仕事を上がる事が出来た日に偶然寄ったショッピングモールに福袋があったので、面白半分で購入してみたのです。
福袋を開けた結果は――!

…うん…まぁ…楽しめました(棒)。察して下さいw
それはそうと、その福袋に描かれていた大黒天様なんですが。
    
大黒天様
一緒に福袋を選んでいた母が
しんちゃん(クレヨンしんちゃん)…いや、しんべヱ(忍たま乱太郎)にも見えるな?w」
と言うので、最早そう言う風にしか見えんようになったやないかいwwwww

そしてもう一つ、ある事実に気付きました。
年を越せなかった
 …!?
我が家の時計
1990年て…
年越せてない上に、過去にタイムワープしてるやん!!!!!

以上、今しか出来ない話題でしたw
告知していたカード紹介は次回の記事にてm(__)m<すみません


では、新年第1回目の放送となります、ゲゲゲの鬼太郎87話の感想へ移りたいと思います。このままお読み頂けるお客様は「続きを読む」をクリックして頂き、お進み下さいませ(o´∀`)ノ




■支払いを促す滞納通知書、差押処分を受けた荷物…――過去、栄光を掴んだ夫婦は、今となっては別人だった。女性と幼い赤子の泣き声を、ニタリと微笑みながら見下ろす男…>明けましておめでとう~!…なんて言える雰囲気じゃない(涙):;(∩´﹏`∩);:新年早々、何という回…(゚д゚)
■退屈で窮屈な始業式を終え、帰宅の途に就こうとしていたまなちゃん。友人の綾ちゃんがお腹の虫が騒ぎ出した事を話すと、まなちゃんは綾ちゃんの実家が喫茶店であった事を思い出し、初めてお邪魔する事になった>学業の合間にお菓子の修行か~。頑張り屋さんだなぁ!
■商店街は年始も手伝って、どこのお店も大行列を作っていた。そんな賑やかな街中を抜けると、商店街の外れに綾ちゃんの実家でもある喫茶店はあったのだが…>何故か閑古鳥が…もちろん、お客さんはゼロど、どうして?
■昭和感溢れる「喫茶 モモ」。綾ちゃんのご両親も人柄が良く、綾ちゃん手作りのギモーヴも大変美味!それなのに…。綾ちゃん一家は何故繁盛しないのか首を傾げていた。それもそのはず、普通の人には見えない、招かれざる客がそこにいたからだった>まなちゃんの協力で何とか(かなり無理矢理でしたがw)綾ちゃんにも、その謎の妖怪の姿を捉える事に成功しましたが…。一体、何者?あのおじいちゃん。ギモーヴに関しては、コチラをチェック!
■その老人が妖怪である事と確信したまなちゃんは、早速、鬼太郎さんに依頼。綾ちゃんは一刻も早く貧乏神を退治して欲しいと願うのだが>綾ちゃんの(フライパン攻撃によるw)訴えにより、貧乏神は喫茶 モモを後に。しかし、貧乏神の言っていた「自分がいるお陰で平和でいられる」の意味が気になりますね。
■貧乏神が去った事により、平和と喫茶店の繁盛がきっと戻ってくると、強く強くお地蔵様に願う綾ちゃん。そこに現れたのは綾ちゃんの手作りお菓子と、彼女自身の熱い夢に惹かれた小柄な男の子。その子は自身を「座敷童子」だと名乗る>おぉ!綾ちゃんの願いが届いた感じですか!?
■綾ちゃんの純粋な心に惹かれ、綾ちゃんの自宅に居候する事になった座敷童子。それが決まった途端、喫茶店は嘘のようにお客でごった返し、テレビを通じて益々客足は増えた。綾ちゃんのご両親も座敷童子の姿を確認したと同時に、もうあの惨めな昔には戻らない、と固く誓うのだった>しかし、その欲は少しずつ欲深なものになり、強欲なものへと…。
■座敷童子の力を使い、小さな喫茶店はショッピングモールへ、挙句はテーマパークへと変貌を遂げ、商店街も、そして座敷童子の妖力にも変化をもたらしていた>座敷童子ちゃん、ガリッガリになってる…(´・ω・`;) しかし、ご両親が綾ちゃんの名を盾に使うと、座敷童子もNOとは言えません。何だかなぁ…。
綾のため…――大金に囲まれ、大喜びする両親の姿と相反し、座敷童子は妖力を無理やり使い続け、益々痩せ細って行った。そして、あんなに仲睦まじかった親子の関係も、少しずつ悪い方へと変化していた>お金では幸せは買えませんからねぇ…。
■幸せの絶頂に水を差す存在が現れた。そう、お金の匂いがする所には必ず現れるねずみ男だ。石橋家は座敷童子がいる事で財を成している事に気付いたねずみ男は、自身を追ってきた借金取りをお金の話で手駒にし、法律を盾に石橋家から大金を巻き上げようと考えたのだ。しかし、そこに駆け付けたのは座敷童子。綾のため――彼は既に気力のみで動けている状態だった。鬼太郎さんは訴える。愛おしい存在であるはずの娘を盾に使う、ただの欲深な人間。そんな人間のために力を使うのか?と。それでも、座敷童子は綾ちゃんの夢のため、彼女が喜ぶ顔を見たくて…――。そんな座敷童子の変わり果てた姿を見、「気は済んだか…?」そう声をかけたのは、一度去った――貧乏神だった>貧乏神から語られる石橋夫婦の過去。あの時の赤ちゃんは綾ちゃんだったんですね…。一番聞きたくなかったタイミングだろうなぁ…綾ちゃん。
■再び一からやり直すと座敷童子に誓い、小さなお店から再スタートした親子。きっと今度こそは自ら福を引き寄せられますように――
2020-01-08 Wed 20:00
別窓 | 6期ゲゲゲ | コメント:0 | トラックバック:0
<<【薄いけど】恋の行方は…?!【熱い男】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【2019年】明けましておめでとうございます!【2020年】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |