FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【小さいぬっぺっぽう達は】ぬっぺっぽうの裏に怪しい影【どうなったんだろう】
パソコンメールアプリ「テ(↑)(↓)レレ(→)ーンと言う着信音に慣れず、受信する度に未だにドキリ!とします管理人でございますヾ(。・ω・。)ノ<こんばんは~

プリンター買いました
プリンター、買いました!\

先週の記事で、「プリンター買いに行くの、本気で考えなくちゃ…」と改めて思い、それからネットで情報収集を行いました。
と言いますのも、故障したC社のプリンター、約10年前に購入した機種でして、現在のプリンターの機能や性能などに関して全くの無知だったからです(/ω\)照
希望としては今回故障したプリンターの後継機が良いなぁ、という事で、C社のプリンターを中心に調べて行きました。管理人の所有しているプリンターですが、10年前の機種なのにスキャナ性能やコピー性能が抜群に良くて、しかも修理に出したのは過去たった1度だけ!それは廃インクタンクエラーが原因で、C社に問い合わせると「お客様自身で修理・分解されますと、それ以外の故障の原因となる可能性があるため、修理センターに修理を依頼して下さい」と事でした。インクが高価な点が少々痛い所でしたが(C社のインクは他社に比べ、高価な種類が多いと思います…)10年も使っていると、慣れだけではなく、愛着もあるので、本心は修理を望んでいたものの、管理人の所有する機種の部品の取り扱いが既になく、修理受付終了、との事で、泣く泣くの決断でした。
後は以前から気になっていたB社のプリンターです。大容量インクを搭載できるプリンターの広告がインターネット上で度々掲載されていて、B社のHPへ赴いてみたのが切っ掛けでした。B社の名前を聞いて真っ先に「ミシン」が思い浮かびました。色んな機種の取り扱いがありましたが、インクが4本で綺麗に印刷できる機種、って消費者としては最高に嬉しい点なのですが!お値段もお手軽価格ですし!ただ、管理人の住む近所の電器屋さんでの取り扱い無し…。やっぱり、プリンターと言えばC社かE社だからですかねぇ…。
少し自宅からは遠方になるのですが、品揃えが豊富なため、ちびまる子ちゃんがイメージキャラクターになっている(隠しているようで隠れてないw)へお邪魔する事にしました。
本体の前にインクの取り扱いを見てみたんですが…C社、種類は多いけど、やっぱりお高い!最近の機種は6色とかあるんですよね?6本全て揃えようと思ったら…(||゚Д゚) セットで購入するにしてもなぁ…。
B社のインクは取り扱い数は少ないものの、全体的にリーズナブル価格。一瞬、E社のインクと見間違えてしまいましたw ほら、箱の色目とかが…w
C社とB社以外にも、お店にあった機種の紹介などを参考に見せて頂きました。

管理人が最終的に決定、購入させて頂いた製品は…――!

B社のプリンターです!!近所のお店には取り扱いがないため、インクも一緒に購入させて頂きました(*^^*)

C社のプリンターが長かった分、年賀状印刷までに使い方を覚えたいと思います。頑張りまーす!

来月から管理人の勤め先が繁忙期に突入するため、更新が不定期になる可能性があります。何卒ご了承下さいませ

ではでは、今週のゲゲゲの鬼太郎82話の感想へ移りたいと思います。このままお読み頂けるお客様は続きを読む」をクリックして頂き、お進み下さいませ(*´-∀)_




■暗い部屋の片隅で、通販番組を熱心に見つめる老婆…。その老婆の姿を見た娘の悲鳴が木霊する。確かにその老婆は――母親、のはずだったのだから…>ねずみ男が関わってそうなクリームがありましたねぇ>BIBIBI cream。そのクリームを使った老婆化若返る他の美容液を探していた、と言う経緯でしょうか。しかし、自分の母が急に祖母ほどの年齢になっていたら…同じ反応になっただろうなぁw
■命より大事だと思われる札束を転々と落としながら、ねずみ男はある男から逃れようとしていた。偶然通りかかったタクシーに飛び乗るが、そのタクシーの運転手の正体は…>鬼太郎さんでしょうね(笑)
■ネットニュースにも取り上げられた、ねずみ男が関わっていると思われる事件。問題が表面化すると同時に、ねずみ男は儲けた大金を持ち出し、とんずらしようとしていたのだ。ねずみ男が犯人だと(証拠は無いがw)確信した鬼太郎さんはねずみ男を捕縛、白状させたのだった>女性の美を追求する想いを弄ぶ行為も腹立しいですが、子泣きの砂かけに対するセリフも、本人を目の前にそれはないんじゃないの?と。年をとっても美しくありたい、と思うものでしょ。
■ただ自分はこれ(クリーム)を売ってほしいと頼まれただけ、とはねずみ男の弁解。クリームを作った者はぬっぺっぽうと言い、妖術を扱う事に長けた妖怪、としか分かっていない謎多き妖怪だ。どちらにせよ、例のクリームで年老いた者達を元に戻す手段を知っている唯一の存在であろう。鬼太郎さんファミリーは、クリームの生産工場がある孤島へと急ぐ>全く手入れの入っていない木々の生い茂った島。工場がどこにあるのか全く分からない中、なかなか骨が折れそうです。
■目印さえない島の中を、ただ黙々と進む鬼太郎さん一行。時折、妖気を感じ取っては攻撃を試みるが>目的さえよく分からない相手の陣内に飛び込む、って恐怖(;´Д`;)
■覆い茂った道中を抜けると、そこには地蔵菩薩の像がひっそりと佇む開けた場所に出た。恐怖を感じた面々は、急いでその場を通り抜けようとしたのだが…>老化の妖術である歌が響き渡り、途端に一行は年老いて行く…!て言うかぬりかべ、お前さん、耳無かったのw
■佇む石像の中にぬっぺっぽうは隠れていた。ぬっぺっぽうの後を追おうとするも、老化現象で痛む節々のお陰でまともに走る事も出来ない。メンバーの中でただ1人、呆然と佇んでいた砂かけの着物の袖口からポロリと落ちたモノは…>例のクリーム!何百年生きていようが砂かけも女性ですもんねぇ…。1人(?)かと思い込んでいたぬっぺっぽう、実はたくさんいらっしゃったわ(笑)。
■再び老化の歌を聴いてしまったら――砂かけと子泣きを残し、他の面々だけでぬっぺっぽうの後を追う。石像はなかったものの、いきなり現れた“巨大な存在”に、ぬりかべのパワーを持ってしても敵わない!同時刻、砂かけの症状は益々悪化して行き…>鬼太郎さん達も戦える状態なの?!これ?節々が痛んで…(笑)
■森の中に逃げ込む鬼太郎さん一行。苦労しながら偶然見つけた洞窟に身を隠し、何とかその場を乗り切る事が出来た。一方、砂かけの症状は悪化して行き、記憶を繋ぎとめるため、子泣きは昔話を話して聞かせた。本当にどうしようもない他愛のない話。けれど砂かけの表情は明るくなる。あっと言う間にその時間は過ぎ去り、砂かけが砂かけでいられたその大切な時間と想いを、遺書とも捉えられてしまう手紙と言う形でしたためていた>感動するシーンなんでしょうけど、キスする時のリップ音(笑)何とかならなんだのか?子泣きよ(笑)
■命の危機が迫りつつあった鬼太郎さん達の前に颯爽と現れたのは、子泣きと、そして記憶を取り戻した砂かけ。名コンビの2人のタッグ技で巨大ぬっぺっぽうを撃沈させた!>背後には久々のぬらりひょんやり口が893のようだ…。
■奪われた若さエキスで元に戻れた人々。ぬりかべのお腹が痛々しいですが(苦笑)砂かけと子泣き、どちらが欠けても、やっぱりダメですよね!今後、どんな戦いが待ち受けているか分かりませんが…どうかお二人とも、お元気で!
2019-11-24 Sun 20:00
別窓 | 6期ゲゲゲ | コメント:0 | トラックバック:0
<<【何度目の】Happy Birthday!【誕生日?】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【妖怪と人間の】妖怪漫画家、誕生!【懸け橋に】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |