FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【本日の記事で】人間の欲望はどこまでも深い…【333本目】
season23以降の契約延長の予定はないだとか、打ち切りだとか…色々と情報が錯綜していたので、メチャクチャ不安だったりしていたのですが…!
season26までの契約更新のお知らせが無事に!届きました!
おめでとうございます!!
   *   *
 *   + イヤッッホォォォオオォオウ!
  n ∧_∧ n
+ (ヨ(*´∀`)E)
  Y   Y  *

突然、すみませんm(__)m アメリカのアニメ、SOUTH PARKの事について語っております。

サウスパークグッズ

嬉しい事と言えば、つい先日、サンキューマートさんで“サウスパークとのコラボグッズの取り扱いが始まった”と言う情報をゲット。これは絶対ゲットせねば!――と、その前に。管理人の住むこのDOINAKAな地域に、サンキューマートさんってあるんやろか…?

検索中・・・

    |l( ´∀`) カタカタ…
  _|(つll ̄ ̄ ̄|__
 |\  \|| ___|

  (  ゚д゚) …!!
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /

  ( ゚д゚ ) あるわwwww
_(__つ/ ̄ ̄ ̄/_
  \/    /
   こっち見んな

――と、言う訳で(どう言う訳や)初のサンキューマートさんへお邪魔させて頂きました。
そして、ゲットしたグッズがの画像です。

サンキューマートさんの公式ページでは、サウスパークの特設ページが開設されており、そちらでグッズの全種類が紹介されています。
管理人の赴いたサンキューマートさんでは売り切れていたのか缶バッジやマスキングテープ、ケース類がありませんでした(マスキングテープを集めるのが好きなので、是非ともゲットしたかったのですが…)。そして、在庫のある全ての商品を全てゲットする訳にもいかずお給料日前だったし…(;´・ω・)推しキャラグッズを主に…管理人の推しキャラ、何となく分かって頂けますか?w
出勤前に折り畳みミラーの4人組を愛でつつ化粧する時間が幸せです…
サウスパークグッズ2

ではでは、今週のゲゲゲの鬼太郎73話の感想へ移りたいと思います。このままお読み頂けるお客様は「続きを読む」をクリックし、お進み下さいませ。




■今日も深い深い溜息…。恋愛も仕事も親子関係も、全てにおいて“ツイていない”と嘆く斎藤さん。そんな時、ネットで偶然得たやまたのおろちの噂。何でも、どんな願い事8つ叶えてくれるそうだ>その後の鬼太郎さん親子の会話によれば、神話に登場するヤマタノオロチとは別人(!?)のようです。
■鬼太郎さんはヤマタノオロチの噂の真相を調査するため、オグロ山に棲む呼子仲間とコンタクトを取ってくれるよう呼子に申し出るが、何故か難色を示す。一方、ヤマタノオロチを求めて山中を放浪する斎藤に対し、これ以上、山奥に入るなと警告する老人を無視。オグロ山に棲む呼子の声を頼りに山奥を目指す>その後も延々と2人のオウム返し合戦が続いたら(←んな事ないないw)どうしようw と思ってましたw
■「ヤマタノオロチに会いたいんだろう?」そう言ってオグロ山の呼子は斎藤に大きな宝石を差し出す。恐る恐るその宝石に触れると瞬く間に白い光線が差し、幻想的で、それでいて恐ろしい空間へと斎藤は移動していた。パニックに陥った斎藤の目の前には、8つの首を擡げるの姿が!願いは何だ?」その龍こそ、斎藤が探し求めていたヤマタノオロチだったのだ>ドラゴ●ボール神龍…じゃなかった…w ←コラコラw
■願い事のつもりではなかった「ここから出してくれ」と言う懇願は無事に叶えられ、斎藤は一瞬にして現実世界へと戻されていた。夢か…?そう疑う斎藤の服のポケットには、呼子に手渡された例のダイヤがしっかりと入っていた。これは現実だ――斎藤は続け様に2つ目の願いを伝えた。その直後、疎遠だった父親が急死、しかも父親が入っていた3億円と言う額の保険が斎藤の手に入る事が伝えられた>こう簡単に願いが叶うと…ちょっと怖い気もするんですが。
■自分をフッた山吹さんを彼女にしてほしい、と言うのが斎藤の3つ目の願い。この願いもあっさりと叶えられ、有頂天となっていた斎藤。そこに鬼太郎さんが現れ>やっぱり副作用(?)あるんですねぇ。
■けれど、あんなに愛していた女性の本性を偶然にも知ってしまった斎藤は、強い憎悪の気持ちを込め、4つ目の願いを伝えた。しかし、斎藤の思い描いていた結果とは相反するもので、鬼太郎さんの言葉が今更強く心に反響した>山吹さんも大概の悪女ですが、彼女と一緒にいた女性達も犠牲に…?それはアカンやろ~?
■恐怖を感じた斎藤は、ヤマタノオロチが封じ込められているダイヤを買い取り業者へ売ってしまう。これで解放される――そう安心した斎藤だったのだが、何故かダイヤ戻ってきていた。何度も、何度でも。8つの願いを全て叶えるまで、斎藤はヤマタノオロチに捉えられる運命だったのだ>893さん達を追っ払ってもらえば良かったのにw ←悪魔の囁きw
■斎藤が願った5つ目の願い。これできっと、今度こそ、ヤマタノオロチからの呪縛から解き放たれる――そう信じていたのに。自分自身が大怪我を負っただけでなく、ヤマタノオロチはあっさりと復活。恐怖に耐えきれず、斎藤はヤマタノオロチから逃れようとするが>「逃げられないゾ~☆」
■叶えられる事はないだろうと思っていた6つ目の願い。「お前を殺せるヤツ連れて来てくれ――!」その願いに現れたのは鬼太郎さんだった>初めから鬼太郎さんにダイヤを渡しておけば、こんな事には…ねぇ?
■これで本当に助かる!そう安堵する斎藤であったが、彼を追うヤクザの声が耳に届いた。このまま指鉄砲を食らい続ければ、本当にヤマタノオロチは消滅してしまう。その前に――ヤマタノオロチの最後の誘惑の言葉が斎藤の心に食らい付く…>えっ?いや、何で鬼太郎さんに対してなの!?アンタを追ってきたヤクザさんに対してだろう、普通は!
■そして、斎藤の最後の願いが叶えられたその時、彼は――>呼子が何故ヤマタノオロチを守っているのか不思議に思っていたのですが…そういう事だったのですね…!
2019-09-15 Sun 20:00
別窓 | 6期ゲゲゲ | コメント:0 | トラックバック:0
<<【美女には】遂に最後の四将が…!【ご注意】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【世界に】いつか、本物の愛を…【愛を!】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |