FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【巨星が】一度は夢見る天国【2人も…】
4月も気付けば既に下旬 早いですなぁ…(●´・_っ・)けれども!あと1週間もすれば、GW突入でございますね新しい道を歩み始めた皆様、もう少しで長期連休ですよ!頑張りましょうね!(^∇^)
とは言え、素直に喜べないのが我ら社会人…サービス業接客業などに従事されている方や休日出勤もありますので、10連休の方が本当に羨ましい…(´゚д゚` )ィィナと、ションボリしている管理人でございます こんにちは(*´ω`)┛{いきなり連休頂いても予定も計画も立てれず、困っちゃうんですけどねw

曇り空

3月末に起こったあれやこれを書かせて頂こうと思っていたのですが、突然の訃報に愕然…。ルパン三世シリーズの原作者・モンキー・パンチ先生、そして子連れ狼などを手がけたマンガ原作者・小池一夫先生が相次いでお亡くなりに…。モンキー・パンチ先生の訃報をツイートされたその日、小池先生も旅立たれてしまいました。個人的に小池先生のTwitterをいつも拝見させて頂いていたのですが、そのツイート内容に励まされ、勇気付けられ…。ルパンもpart4,5に続き、不二子ちゃんにスポットを当てた劇場版作品が公開間近。
マンガ界の巨星が、いきなりお2人も…!! けれど、先生方が遺された作品はこれからも読み継がれて行きます。それはマンガだけではなく、アニメ、劇場作品、そしてゲームなど、原作を知らない世代にもきっと。
どうか、安らかに…。

では、今週のゲゲゲの鬼太郎52話の感想へ参りたいと思います。このままお読み頂けるお客様は続きを読む」をクリックしてお進み下さいませ。

■お手伝いもテストも勉強も、それらを強要する大人達も存在しない、そんな世界――そんな天国のような世界に雅ちゃんは迷い込んでいた。けれど、家も家族も、もちろん友人もいないこの世界を寂しいとは思えなかった。今まで全て背負っていた束縛から解放され、木の精達の甘い言葉に「ここにいる」と宣言したのだった>何の束縛もない自由な世界、かぁ…。誰でも一度は憧れはしますが…。
■慌ただしい朝。いつものように些細な出来事で母と小競り合いになり、結果、擦れ違ってしまう。母と娘とが共通していたのは、言葉の次に出る重い重い溜息だけだった>お母様にとって子を想っての言動なのですけどね…。子には、それが伝わらないと言う…。大人になったら気付けるんですけどね。
大逆の四将とは、零くんがその魂を取り込んでしまったを始めとする 黒坊主 鬼童 伊吹丸 九尾の狐 の四体。どの妖怪も一筋縄ではいかない連中ばかりだが、脅威は四将だけではない。生まれ育った里を奇襲され、全てを一瞬で失った鬼道衆もだ。取り込んだ妖怪の能力を必要によって呼び出し、自身の能力として利用しているらしい>行方知らずになった一つ目坊も彼に吸収されてしまったようですね。妖怪を検索しやすくするため、一つ目坊の能力が欲しかっただけかも。それはそれで酷いわ
■小競り合いの末、雅ちゃんは半ば家を飛び出すかのようにコンビニへと駆け込んでいた。次々と湧き出て来るのは口うるさい両親に対しての不服や不満ばかり。子どもの頃は良かった――まるで、その言葉が合図だったかのように、直後トイレの扉を開けると、目の前には天国のような世界が広がっていた。混乱する雅ちゃんを他所に、その天国に住まう精木の子達は、新たな友達を祝福していた>トイレから繋がる世界かぁ…←違うw
■雅ちゃんが異次元に迷い込んでいるとは露知らず、現実世界にいるまなちゃん達は、連絡のつかない雅ちゃんを捜索する事になった。一方、雅ちゃんも始めこそ訝しがっていたが、いつの間にやら木の子達と仲良くなっていた。見た目とは裏腹に、美味しい泥団子や川の水、そして自然で創られた遊具。しかし、こんな広い森に木の子と名乗る子供たちだけで暮らしているらしい。お手伝いもテストも勉強も、それらを強要する大人達も――本当に何も無かった。これこそ、自分が求めていた世界。だからこそ「ここにいる」と宣言してしまった>こんな天国のような世界と、心の底では愛おしく想っているはずの家族や友人…どちらを取る?と問われると、なかなか即答は難しいのですが…。
■ようやく雅ちゃんと連絡が取れたと思うと、そのメッセージには奇妙な写真が添付されていた。目玉親父さん曰く、森の精霊だから悪さはしないが、一刻も早く連れ戻した方が良いと言う>雅ちゃんの成長が著しく早くなっている事と何か関係があるんでしょうか?
■雅ちゃん自身も気付き始めた事――汚れた服や部屋…そんなもの何とも思わなかった。けれど、急に成長が早まった途端、彼女はそれらに拒否反応を示すようになったのだ。そこに現れたのは、まなちゃんに頼まれて訪れた鬼太郎親子。目玉親父さん曰く、木の子の森と人間の住む世界は時間の流れが違い、妖怪や精霊を除けば、人間はあっと言う間に成長してしまう。しかも、木の子の森へと続く道が開かれるのは500年に1度。そこに雅ちゃんが迷い込んでしまった、と言う訳らしい。しかし>雅ちゃんの気持ちも分かるんですがねぇ…。
■雅ちゃんを鬼太郎さんの手から守るため、木の子達は山天狗に鬼太郎さん退治を申し出る事にしたのだ。けれど、雅ちゃんと木の子達の想いにも擦れ違いが生じ始め…>大人になる、ってそう言う事なんですよね…。大人も子に押し付けているつもりはないんですけれど、どうしても大人視点で子に当たっちゃう。子どもには理解できないので、それに嫌悪感を感じる。これによって、親を嫌いだと感じる子もいるでしょうし。
■雅ちゃんは自身が大人になった事でお母さんの苦悩を知る。ずっと子どもではいられない、いる事は出来ない――そう理解した雅ちゃんは、人間世界へ帰る決断を下したのだが>山天狗、ロリ●ン疑惑w
■雅ちゃんを山天狗に攫われる格好になってしまい、木の子達も、ようやく己の決断が誤っていた事に気づく。そこで、雅ちゃんを取り戻すため、木の子達はある一手を打つ>砦を開かせるため、にしては良く考えたなぁ。非常に危険ですけどw
■山天狗の考えの裏を読み、危険を冒してまでも木の子達は山天狗のねぐらに訪れた。その隙に鬼太郎さんが雅ちゃんを救出、山天狗との接戦が始まった>鼻毛針 VS 髪の毛針の戦いが地味に好きですw 鼻の穴にゲタがすっぽり入っちゃうシーンもw
■いつか――精霊の世界と人間の住む世界が自由に行き来出来る時代が来たら。人間の大人と子ども達も幸せになるのかなぁ…。
2019-04-21 Sun 20:00
別窓 | 6期ゲゲゲ | コメント:0 | トラックバック:0
<<【あの有名YouTuberが】夢を与える人であれ【登場】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【零の】お帰り!猫姉さん!【過去】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |