FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【2年間】ゲゲゲの鬼太郎は不滅です【有り難うございました!】
新たな出会いと別れの季節。
管理人は別れの回数の方が多いです。こんにちは管理人です}_| ̄|○

頻繁に人事異動が行われ、それが落ち着くと、今度は今月末で退職、と仰る方がかなり居られてですね…一体、何人の方が職場を去られるんでしょうか…。
しかも、その中には、私が新人時代から優しくして下さった方が居られるのが非常に悲しいですorz

しかし、新しい人は入ってこない、と。

orz

頑張ろ…うん…。


つい数日前、桜開花予想が発表されましたが、管理人の住む地域も21日に桜が開花したと発表されました。
丁度、新学期や入学式の行われる時期に満開―と言う風に咲いてくれると最高なんですけどねぇ。開花が発表された途端、冬の温度に逆戻られれば、桜も咲きたくても咲けませんてw
しかし、管理人の自宅の側に植えられた桜も蕾が綻び始め、所々、花を咲かせています。


せめて、四十七士全員が目覚めるエピソードを放送し切って欲しい―と願っていたのですが…どうも届かなかったようですorz
ぬらりひょんや、西洋妖怪との事も、流石に最終回だけでどうにかなる課題でもないですが。
何か中途半端な感じに終わってしまわないか、不安が無いと言えば嘘になりますが…。折角の設定、上手く生かして最終回を迎えて欲しいものです。
しかし、この二年の間、関係者の皆様、本当にご苦労様でした!

さて、同時に二年間、鬼太さん一行を追いかけ続けたブログですが、これからはサイト更新や同人活動について、色々とお知らせする場にしようと思っています。
もちろん、管理人の好きなアニメや漫画を語ったり、SSを掲載したり…ブログは残しておこうと思います。

そして最後に…この二年間、管理人の拙い文章を読んで下さり、本当に有り難うございました!大感謝です


■今週の…>横丁の皆{ゲッゲッ、ゲゲゲのゲ~♪行くぞ―!>うわあぁぁぁ――!本当に終わっちゃうんだ…orz
■黒鴉の腕に浮かぶ禍々しい痣。彼を僕(しもべ)と呼び、魔の道へ誘おうとする声の主は…一体?>―と言うより、黒鴉の逞しい胸板!汗も!そして、息づかい!←変態めw
■四十七士も漸く半分>漸く、じゃない!まだ半分残ってるやないの!←(笑) 管理人の地元の妖怪は、まだ四十七士に目覚めてないんですけど!?
■自分で歩けw>呼子
■鬼太さんの満面の笑顔>それは多分、蒼兄さんと一緒だからw
■蒼兄さん>何百回通っても、飛田へ未だに1人で辿り着く事が出来ない人wどんだけ天然wその度、呼び出し食らう呼子&鬼太さんも大変だw
■蒼兄さん その2>蒼兄さんは四十七士じゃないのね…。故郷が無いって事は…どこで生まれて、どこで育ったんだろう?
■天狗ポリスの中に四十七士を求め、蒼兄さん達は岐阜まで足を運んだ物の、岐阜には既に岩魚坊主と波小僧が四十七士として目覚めていた。天狗ポリスの中に四十七士は居ないのかと思われたが>日本中の天狗ポリスを集めれば、そりゃ1人は該当者が居るかも、ですよね。
■一方、群馬にやって来た猫ちゃんとネズミ(後バケローもw)。だが突如、黒鴉に襲われてしまう…!!
■黒鴉は水龍丸・松明丸各々に大天狗が支配する拠点を破壊するように命じた>三千年の恨み…って何だろう!?
ご、ご馳走が…}orz←(笑)
■同時に襲われる温泉街と本部。そして大天狗の元に現れた妖怪に、一同は絶句した>操られている、と言っても、あの黒鴉だからねぇ…。
■三千年>黒鴉が三千歳になるのを待ち続けた黒雲坊も、かなり辛抱強くないか?
■天狗の本質は悪!大天狗は黒雲坊を殺し、孤児となった黒鴉を引き取り、黒鴉の出生の秘密を今日までひた隠し、育てたと言うのだ。黒鴉の腕にある禍々しい痣…黒雲坊の魂が眠る石像に浮かぶ紋様…困惑する黒鴉に父である黒雷坊の声は痛々しく突き刺さる。
■水龍丸と松明丸VS四十七士&妖怪横丁>しかし、作画が残念な事にorz
■父の声と血には逆らえない…黒鴉の心には、絶望に近い諦めが支配していた。大天狗に対するドス黒い想いと共に…。
■どんなに汚れた血が流れていようと、血塗られた手であろうと、強い気持ちを持ち続ければ必ず洗い流せる。それを証明するのが黒鴉を愛し、育ててくれた大天狗への恩返し!それに気づいた黒鴉の腕に四十七士の文様が浮かんでいた。
■必ず、戻って来て下さいよ!!鬼太郎さん!!
2009-03-29 Sun 17:57
別窓 | 5期ゲゲゲ | コメント:0 | トラックバック:0
<<【2年振りの発行】発行物 ご案内【えっ!?もうそんなに経ってんの!?】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【最終回まで】はた迷惑な見栄張り合戦【あと何回…?orz】>>
この記事のコメント
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |