FC2ブログ
ゲゲゲの鬼太郎を主に、興味のある漫画やアニメの語り場デス★ ※ネタバレ注意※
【何だかラストは】これこそ漢の友情ってヤツさ!!【泣けた】
あっと言う間に11月ですねぇ~…。
残す所、あと1ヶ月ですよ!本当、早いスなぁ(*´Д`)=з
どうもこんにちは、風邪ひき管理人です(^∀^)/

鼻風邪ならぬ喉風邪らしく、喉を掻きむしりたい(←無理ですがw)イガイガひっきりなしに咳が出るばかりして、その上、この乾燥した気候のお陰で益々咳が止まらなくなってしまい、横になっても咳のせいでほとんど眠れてません…orz こっ、このエヘン虫めっ…!!

…えぇ、体調を崩した原因は分かってます。
もう、最近やたらめったらストレスが溜まる事が多いんですよ…。
特に職場での人間関係と言いますか、職場の一番古株の方と意見が合わず、衝突を繰り返した事が原因だと思います。
自分でも「情緒不安定になってるな…」と感じるくらい感情が(悪い意味で)爆発しそうにもなりました。
一気に身体の調子が悪くなり、偏頭痛の回数も増えましたし。
仕事自体は楽しいのに…と思えば思うほど、なお悪くなって行ってるようですorz

もっとポジティブな考えの人間になりたい…。

ですが、こんな愚痴でも、親身になって聞いてくれる友や両親が居る私は、幸せ者なんでしょうね。
全てを背負い込んでしまう方だって居られるでしょうに…。

はぁ…

何か、初っ端から愚痴で済みません

■今週の…>目玉親父さん{やるか~!>親父さん鬼太さん猫ちゃんネズミ…と言う順番でセリフの担当をしてるんですね(しかし、アマビエ(+α)の存在が忘れ去られている件w)
■たった1人で>そもそも、リアルで妖怪を見た事が無いんスけどorz←戦うとか言う以前の話だw
■鬼太さん一行が赴いた黒影村(また不吉そうな名前の村だなw)は、人影も無く、家屋は今にも崩れ落ちてしまいそうな寂れた村だった。そして、この不気味な村をより一層際だたせているのは、苦痛に悶絶する呻き声…>鬼太さんに救いを求めた村長の足下には、あるはずの物が失われていた。そう、妖怪・針女に奪われたと言う自身のだった。引き剥がされた影達は、まるで苦しみを訴えるかのように呻き続けているのだ。
■心を引き裂かれる>影を失った事が無いんで、何とも言えないんですけどwでもやっぱり、影は付かず離れず、自分の分身みたいな物なんですかね…。
■しかし、鬼太さんを呼んだのは、失った影を取り戻して欲しいだけでは無かった。たった1人で影女と戦う源五郎の力になってほしい。この呪われた村を救うためにも…と言う強い願いだった。
■妖怪ハンター源五郎と、影女の戦いは日の出と共に開始される。ただの撃ち合い合戦ではなく、トラップを用いた頭脳戦でもあるのだ。
■確かに、このは無いw>何ぞwこれ
■その時、針女用のトラップに引っかかった人間?がいた>鬼太さん一行…orz 落ち着いて話してる場合じゃなかろう
■自身の住処に侵入した者には容赦なく…じゃない(笑)を向ける針女。鬼太さん達の影を奪いにかかった針女の攻撃から鬼太さんを救ったのは、源五郎の銃だった>あれ、なの?吹き矢にしか見えないんだけどw
■置いてけぼりを食らうネズミ>ご愁傷様w
■影を失ってしまった猫ちゃん。鬼太さんは村人の影も、猫ちゃんの影も必ず取り戻すと決意を新たにし、人間である源五郎に山を下りろと諭すが…>自身の持つ銃で、必ず針女を倒すと言う決意は鈍らないようだ>猫ちゃんと目玉親父さん、戦線離脱
■針女の行動範囲外である日陰に作られた源五郎の山小屋へと移動した鬼太さんと源五郎。銃から発射される針は、針女の針を溶かして作られた数少ない銃弾だ。どうしても源五郎を山から下ろしたいと思う鬼太さんに対して、源五郎はある賭けを申し出る。天井に張った針女の針を切る事が出来れば、山を下りよう、と。だがしかし、鬼太さんの指鉄砲の威力を持ってしても、針女の針は切れる所か、傷1つ付ける事すら出来なかったのだ>どんだけ堅いねんwつーか、天井穴ぼこだらけw
■源さんw
■だがそこに、またもや針女の奇襲が!何とか逃れた2人だったが、今日も日が暮れてしまった…。
■針女の針を受ける左腕の影…。それは源さんの左腕の影だった。しかし、影は自身の分身。針女が焦っている様を見るのが愉快だと言う>何という鬼畜w
■倒す作戦すら無いって…どんだけ無謀なんだよ。だから何年も倒せなかっ(ry
■針女の言うがままに鬼太さんの元へ現れるネズミ>逃げてぇぇ―っ!
■ネズミの影に針を付けておいて、鬼太さんを捕まえると同時にネズミを手元へと引っ張る…って、まるで釣りのようだなw
■アジトである山を真っ二つに引き裂くほど針女の怒りは頂点に達し、今、針女と源さんとの因縁の争いが火蓋を切って落とされた!
■針女のトラップにかかってしまい、影を奪われそうになった刹那、鬼太さんの髪の毛が源さんを救った>うわぁ!ギリギリセーフ!
■煙幕を張った間に、鬼太さんを救出した源さん。戦いも、いよいよ佳境へ!
■しかし、針女も黙って2人の様子を窺っていたのではない。隙を狙って針を辺り一面に張り巡らせ、針に触れた者に対し、一斉に攻撃するのだ。針女の針に触れてしまった鬼太さん、針女から逃れる事は出来るのか…?>針女の針から逃れようとする内、目くらしの煙幕から出てしまう鬼太さんの影を一斉に攻撃する針女だったが、犠牲になったのは又しても鬼太さんを救った源さんだった。影を奪われてしまった源さんは、全てを鬼太さんに託した。
■勝つためには己の身体をも燃やす、執念の鬼と化した針女。ちゃんちゃんこで防いでいた光源が鬼太さんを再び照らし、針女の針が鬼太さんの影を狙う!
■鬼太さんは針女の針に影を打たれる刹那、リモコンげたを捕らえられた源さんの左腕の影に放った。音を立て左腕の影に刺さっていた針は落ち、源さんの左腕が復活。針女の針を溶かした銃弾を込めた銃の引き金を―引いた!
■戦いは終演を迎え、源さんの長きに渡る戦いも幕を閉じた…>お疲れさまっ!
2008-11-03 Mon 16:32
別窓 | 5期ゲゲゲ | コメント:2 | トラックバック:0
<<【ビッグ(?)ニュース】四十七士、2人誕生!其の2【川男が再登場!!】 | 新・熱血!!青春ブログ | 【食べた後すぐに寝たら】女の敵!【牛になるって本当?】>>
この記事のコメント
戦い済んで日が暮れて
熱いバトルが繰り広げられた、針女の回。思えばここまでバトル面に特化した話って珍しいかも知れません。
今回に限っては悪い妖怪退治ン年の鬼太郎さんも「まだまだ青いのぅ」的視点で描かれ(しかも相手は人間の老人)、そこが新鮮な印象でした。

針女、原作(未見です…)では水木先生オリジナルの妖怪で、もっとコミカルな感じのキャラクターだと聞きましたが、コチラではヤバい香りがプンプンする危険なキャラ造形に。
「私の山が云々」とは言ってましたが何故村人を襲う様になったのか、源五郎さんとの因縁は?等語られてない部分も多かったですが、決着が付いた際、一抹の寂しさを感じさせる二人のやり取りは何とも感動的でした。

妖怪ハンター・源五郎さんの中の人は大塚明夫さん。源五郎さんのカッコ良さはこの人の声(と演技)に依る所も大きいと思うので、改めて声優さんの凄さを思い知った次第。
お父さんの周夫さんが白山坊(そして初代ネズミ)、奥さんの沢海陽子さんは骨女の中の人を務め、結果家族ぐるみで5部へのゲスト出演を果たしたというのも何気に凄い話ですね。

どこの職場内でも人間関係の悩みは尽きませんが、なるべく家に帰ってまでも引きずらない様に、お互い日々やり過ごして行きましょう。
2008-11-04 Tue 21:17 | URL | kwai #-[ 内容変更]
ラストが何故か物悲しい…
kwai様>拍手の方にもメッセージ、有り難うございました!大分、体調も元に戻りつつ有ります(ストレスの方は相変わらずですが…)。
が、職場では今でも喉風邪が流行しており、当分の間、マスクは欠かせないようです。
息苦しいわ、眼鏡は曇るわで散々ですがw
ストレスで体調を崩し、その隙に風邪の菌を貰ってしまったようですorz

これから年末に掛け、仕事でも私情でも忙しい日々が続きますが、体調を崩さないよう、体調管理をしっかりやって行きたいと思ってます。
ご心配をお掛けしてしまって、本当に申し訳ないです…<(_ _)>

さて、今回の針女ですが、謎が多い上、もうツッコミ所が無くて困るほど(←オイオイ/汗)クールな展開が続き、全くお笑い要素の無い回となりました。それもそのはず、そのお笑い要素であるネズミ(と猫ちゃん)の活躍が、ほぼ皆無だったからでしょうね。

人と妖怪との間の絆が描かれた今回ですが、鬼太郎さんと源さんとの間には、漢の友情と絆がハッキリと確認出来ますが、源さんと針女との間にも、何か…友情?に近い何かを感じ取れました。

お互い、どちらかが消えてしまえば、戦う理由も目的も無くなってしまう。
2人の生きている証って、命を懸けて戦う事であって、それが無くなると言うのは、ある意味、死んでいるのも当然と言う事になり…。
何十年と言う長い月日の間、当たり前だと思っていた事が、戦いに勝利すると言う目標を達成した時点で、突然消えてしまう…と言う結果が、今回のラストのあの物悲しさだったのではないかな、と思います。

皆の影も、笑顔も、平和も、全て戻ってきた。
でも、代わりに源さんの目標は無くなってしまった。
源さんは山をおり、それからどうやって生きていくのか…何だか心配に思えるのは私だけでしょうか?
しかし、また、ネズミだけ放置プレイw

声優さん繋がりで、先日、大塚親子が共演されている映画を観たばかりなのですが、アニメの方でも是非、親子の会話…と言うか、共演を拝んでみたいものです!
…と言うか、奥様もアニメに出演されていたと言うのは初耳でした!!
親子鬼太郎アニメに出演だなんて…!!凄いっ!!何か鳥肌が立って来ました!!

メッセージ&拍手、有り難うございました!
2008-11-08 Sat 17:59 | URL | 竹原(管理人) #-[ 内容変更]
コメントの投稿
 

管理者だけに閲覧
 

この記事のトラックバック

| 新・熱血!!青春ブログ |